ジャパンファクター無料見積もりお申込みはこちらからどうぞ
簡単入力60秒!ジャパンファクター無料見積もりお申込みはこちらからどうぞ

 

 

ファクタリング利用者さまの声 

 

ジャパンファクターのファクタリング利用者さまから頂いた声をご紹介させて頂きます。

 

希望買取金額 600万 売掛先 2社
財務状況 債務超過 税金 分納中
調達成功額 600万 調達日数 2日

 

ファクタリング利用者さまの声

 

急遽の受注追加があったために、資材費が必要になり資金を用意することになりました。

 

銀行からは断られてしまったので、即日で融資を受けられるところを探していて、ファクタリングという方法を初めて知りました。

横文字だし、わたしには関係ないと思ったのですが、他のサイトでも建設業にはファクタリングが向いているという話を見つけてしっかり読み込んでみたのが良かったです。

 

 

仕組みとしては至って単純明快、
手数料をファクタリング会社に支払っていくらか先だった請求済み代金をそれよりも早く現金化してくれる。

元請から売掛金の入金があれば、手数料を引かれる前の金額をファクタリング会社に支払うことで取引完了ということで、保証人や担保も不要だったので手続きも簡単でした。
ファクタリングについてある程度は理解して行ったけれども、
やはり本当に元請先にバレないかが気になっていたので担当者さんに何度も確認してしまいました。

 

あと来社して契約と同時に、入金の実行をしてくれたところが安心しました。ファクタリング利用者さまの声

 

また至急の際にはファクタリングお願いしたいです。
今回で良い勉強になったし、同業者にも教えてやりたいところです。

      

ファクタリング利用者さまの声終わり

 

 

  

ジャパンファクターの2社間ファクタリング

 

ファクタリングは、企業が保有する取引先企業に請求済みの売掛金、売掛債権を

ファクタリング会社に譲渡する「債権譲渡」という取引によって、

売掛先企業からの入金よりも早く売掛金の資金化が可能になるものです。

 

 

売買契約に基づく取引になるので、融資や借入れということではありません。

バランスシート上でも負債として計上する必要もありません。

 

ファクタリングには返済という概念がなく、

利用者企業の負担としては早期資金化に対するファクタリング手数料を支払うことになります。

 

つまり、買取金額からファクタリング手数料を差し引いた金額が

利用者企業さまの調達金額となります。

 

 

 

ジャパンファクターの2社間ファクタリングの流れは以下のようになります。

2社間ファクタリング

2社間ファクタリングでは売掛先である取引先企業さまに債権譲渡の旨を伝える必要は生じません。

 

いまだファクタリングにおける債権譲渡に関して、
取引先企業さまから資金繰りや業績の悪化を懸念し不信感を抱かれかねないという現状があります。

 

それゆえ取引先企業さまへの通知の必要がない2社間ファクタリングの需要が最も高く、

ジャパンファクターでは2社間ファクタリングを専門に取引を行っております。

 

 

 

 

2社間ファクタリングでの入金の流れ

 

正式にご契約が締結したところで、直ちにジャパンファクターがご指定の口座に買取金額の入金を実行致します。

 

2社間ファクタリングの入金の流れ2

利用者企業さまは、取引先企業からの売掛金の入金を確認頂いたあとに

ジャパンファクターへお支払いをお願い致します。

 

 

無料相談24時間受付メールフォームからお気軽にお問い合わせ・ご相談下さい

 

ファクタリングを初めて導入されようとしていらっしゃる会社さま、経営者さまにおかれましては

不安な点も多いかと思います。

 

ジャパンファクターへお尋ね下されば丁寧に対応させて頂きますので

ぜひ無料相談にてお問い合わせ下さい。

メールフォームより営業時間外でも受け付けております。

 

簡単入力で無料相談受付中,ファクタリング,福岡

 

営業時間外でも受付中ですが、ご返答につきましては翌日となってしまいますことをご了承下さい。

 

 

 

 

 

福岡県・建設会社Hさまの声