ジャパンファクター無料見積もりお申込みはこちらからどうぞ
ジャパンファクター無料見積もりお申込みはこちらからどうぞ

山口県宇部市の企業さまへ

山口県宇部市のファクタリング情報
山口県宇部市のファクタリング情報

中小企業の資金調達方法の1つとして注目されているファクタリングは、

山口県宇部市の企業さまが保有する売掛金を

ファクタリング会社が買取ることによって、最短即日で資金化できるサービスです。

 

ここでの売掛金とは商品の納品やサービスの提供が完了し、取引先への請求済みである未払い金のことです。

 

この宇部市の会社さまが保有する売掛債権を対象に、
ファクタリング会社ジャパンファクターと売買契約を結ぶことで売掛金の早期資金化が可能になります。

 

 

 

 

ファクタリングについて

 

ジャパンファクターでのファクタリングの仕組みについてご紹介します。

 

ファクタリングは欧米では古くから活用されてきた資金調達方法ですが、日本では手形取引が主流だったこともあって普及してこなかったと言われています。

しかし近年では、建設業を中心に手形がなくなりつつあることから山口県宇部市の下請会社さま、中小企業さまにとって資金繰りが大変厳しい状況へと変化してきました。

 

そこで注目を集めているのが売掛金を活用するファクタリングという資金調達方法です。

 

 

ファクタリングといってもいくつかの種類に分けられます。

宇部市の会社さまの状況に合わせたファクタリング取引の種類を選択し、活用することができます。

 

いくつかあるファクタリング取引の中で、ジャパンファクターが扱っているのが一般的に『2社間ファクタリング』と呼ばれている取引の種類です。
売掛先である取引先企業を介さずに、宇部市の会社さまとファクタリング会社さまの2社間だけで取引が完了します。

取引先企業に通知したり、承諾を得てから実行する『3社間ファクタリング』と呼ばれるファクタリングの種類もあります。

 

 

 

 

2社間ファクタリングとは

 

2社間ファクタリングとは、山口県宇部市の利用会社さまとジャパンファクターの2社間のみで取引が実行されるファクタリングの種類です。

(取引先企業への通知をしたり、売掛金の回収業務をファクタリング会社が担ったりする取引を3社間ファクタリングを呼びます。)

 

いまだ「売掛債権の譲渡」となると、取引先企業や銀行は良い印象を抱かないという現状があります。

そのため、取引先には知られない2社間ファクタリングが宇部市の会社さまからも選ばれているのです。

 

 

 

 

ジャパンファクター 2社間ファクタリング 流れ

 

①取引先企業への商品の納品やサービスの提供が完了し売掛金が発生します。

 

②宇部市の会社さまよりジャパンファクターへのご相談を頂くと、ヒヤリング・査定を行います。
 査定方法は金融機関とは異なり、10分ほどのスピード診断です。

 

③ジャパンファクターが宇部市の会社さまより開示書類を頂き、ご要望をお伺いして契約内容のご提案をします。

 

④ご提案させて頂いた契約内容に納得頂けてから、正式な契約となります。
 契約を締結致しましたら、ただちにジャパンファクターより手数料を差し引いた買取金額の入金を行います。

 

⑤取引先企業より期日通りに宇部市の会社さまへ請求額、売掛金の入金があります。

 

⑥取引先企業からの入金が確認できたら、ジャパンファクターへお支払いをお願いします。

 

 

 

2社間ファクタリングは、取引先企業とジャパンファクターとのやりとりは一切ございません。

2社間ファクタリングの入金の流れ
2社間ファクタリングの入金の流れ

 

宇部市の会社さまご指定の口座にジャパンファクターが売掛金を早期入金し、取引先企業から期日通りに売掛金の入金があったあとに、宇部市の会社さまがジャパンファクターへ取引金額の入金を実行するという流れになります。

 

 

またジャパンファクターの2社間ファクタリングは、償還請求権なしでご契約できます。

 

償還請求権なしとは、ファクタリングを実行し、売掛先である取引先企業が不渡りを起こして売掛金を支払えなくなっても、

宇部市の利用者企業さまは前払いしてもらった売掛金をファクタリング会社に返金する義務などは発生しませんというものです。

 

つまりファクタリングを利用する宇部市の会社さまにとって

売掛金回収リスクをファクタリング会社に移転できるメリットがあるのです。

 

 

 

 

 

九州 福岡 ファクタリング会社 ファクタリング業者 ジャパンファクター

 

 

 

例えば・・・

 

下記の事例を紹介します。

【 山口県宇部市の販売会社U社のファクタリング事例 】

販売会社U社は、今月末締め翌月末払いの取引先P社の売掛金500万を保有している。
追加受注の仕事を引き受けたいが、先払いの材料費のための資金200万が不足している状況で、融資を受けられる企業状況ではない。(赤字、債務超過、税金滞納、リスケジュール中など)

 ↓

販売会社U社はファクタリングを検討する。

 ↓

ファクタリング会社のヒヤリング・審査を受けて契約内容の提案を受ける。
〔 契約内容 : 売掛金218万に対して事務費や手数料を差し引き、買取金額200万 〕

 ↓

販売会社U社は契約内容に納得した上で、契約を締結する。
ファクタリング会社はすぐに販売会社U社に買取金額200万を入金する。

 ↓

翌月末に予定通り取引先P社より販売会社U社に500万の売掛金の入金がある。

 ↓

取引先P社からの入金が確認できたら、販売会社U社は売買契約の対象だった金額218万をファクタリング会社に支払い、取引は完了。

 

 

1カ月後にしか資金になりえなかった500万のうち、218万を最短即日で資金化することで、

これまでは資金不足で受けたくても受けられなかった仕事が、受注できるようになることが
ファクタリングを活用する良い例となっております。

 

上記は契約に必要な { 事務手数料+ファクタリング手数料5% }で計算した場合の事例です。

 

事務手数料は一定額ですが、ファクタリング手数料は対象となる売掛金の質や、契約内容によって変動します。

 

 

 

 

ファクタリングでの資金調達に適した業種

 

ファクタリングは売掛金を対象とした売買契約に基づく、売掛金の早期資金化です。

 

つまり、ファクタリングは売掛金を保有していないと取引ができません。

 

 

支払いサイトが長い売掛金を多く保有している

 

 ● 建設業

 ● 工事請負業

 ● 製造業

 ● 卸売業

 ● 運送業

 ● web関連業

 ● サービス業

 

などの業種の山口県宇部市の会社さまはファクタリングでの資金調達をご検討下さい。

 

 

また診療報酬や介護給付費を対象とした診療報酬債権ファクタリング、

クレジットカード決済を対象としたクレジットカード債権ファクタリング、

売掛先が法人企業であれば個人事業主さまもファクタリングは実行できます。

 

 ● 病院・クリニック

 ● 介護施設

 ● 調剤薬局

 ● クレジットカード決済が多い飲食店など

 ● 売掛先が法人企業の個人事業主さま

 

などの宇部市の会社さまもファクタリングでの資金調達をぜひご検討下さい。

 

上記のファクタリングはすべて相手先に通知しない2社間ファクタリングで実行できます。

 

 


山口県宇部市で至急の資金調達をご希望の会社さまはぜひ福岡に拠点をもつジャパンファクターへお問い合わせ下さい。

ご相談はもちろん無料です。

簡単 無料相談 ファクタリング 福岡

 

 

ジャパンファクターの顧客さまでも

ファクタリングで繰り返し資金調達されていらっしゃいます。

 

「来月の資金繰りも心配・・・」という山口県宇部市の会社さまは繰り返しのご利用もご相談下さい。

 

 

ファクタリング

 

 

 

安定した法人さまとのお取引のある個人事業主さまもファクタリングご契約頂けます。

個人事業主さまとお取引しているファクタリング会社は全国でもごく稀ですので、この機会にぜひジャパンファクターへご相談下さい。

 

 

 

山口県宇部市の企業さまがファクタリングするなら