曽於市の企業さまの売掛金買い取ります!売掛金でビジネス資金調達

売掛金買取で曽於市の企業さまの資金調達を応援!

取引先企業からの支払いサイト(期間)の改善

 

中小企業は大企業と比較しても融資に依存した経営を続けているという調査結果があります。言い換えれば、融資に頼らざるを得ない状況の企業が多く、融資のタイミングが合わなければ、取引先企業との連鎖倒産や黒字倒産も余儀なくされてしまうということになります。経済産業省も施策は行っていますが、中小企業・零細企業は銀行融資に依存した経営から脱却できているとは言えません。

中小企業庁は、曽於市の企業さまも対象に、中小・零細企業への支払いは「手形ではなく現金で」「支払いサイトは60日以内に」と大企業への呼びかけを行っています。

それでも・・・

曽於市の企業さまが予測できない、至急の支払いや取引先企業からの入金のズレが発生するときはあります。また、融資を受けるためのつなぎ資金をなんとか調達したいという企業さまも多いでしょう。

そのような曽於市の中小・零細企業さまの資金調達のお手伝いができるのが、売掛金の早期資金化=売掛金の買取サービスだと考えます。

 

 

売掛金とは

 

売掛金とは曽於市の企業さまが取引先企業への商品の納品・サービスの提供などが完了し、すでに請求済みである未払いのキャッシュのことになります。

将来入金されるこの売掛金を、最短即日で資金化できる金融サービスがファクタリング会社による売掛金の買取です。

 

 

売掛金買取サービスとは

 

売掛金買取とは、曽於市の中小企業さまが保有する売掛金(売掛債権)をファクタリング会社が買い取る(譲渡)ことによって、その代金を最短即日で手にすることができる金融サービスです。

全額を手にすることができるわけではなく、ファクタリング会社に手数料を支払うことで売掛金を前払いしてもらうような仕組みです。ファクタリング手数料は、売掛金の支払いサイトや売掛金を支払う取引先企業の信用力などが影響してきます。

 

 

売掛金買取サービスでの資金繰りができる業種

 

売掛金買取による資金調達は、曽於市の企業さまが売掛金を保有していなければ利用できません。

売掛金が発生する業種の曽於市の企業さまであれば、ファクタリングは利用できるということになります。

 

曽於市の建設・工事請負業の会社など

建設・工事請負

まずは建設業の企業さまです。このファクタリングは建設業の企業さまの資金調達を支援するために広がりつつあると言っても過言ではありません。

大企業やゼネコンでは支払いサイトも長く、向こうの都合で請求書すら出させてもらえないという話は現在でも聞きます。また大きな仕事が飛び込んできても先払いの資材費などを支払うことができなければ、せっかくのチャンスも棒に振ってしまうことになります。

建設関連業では現在、手形取引ではなく現金支払いで取引を行うように推進されていることもあり、ファクタリングでの資金調達はさらに多くの建設関連業の企業さまに利用されていくことが予想されます。

 

曽於市の繊維会社など

繊維・衣類・アパレル会社

支払いサイトが長い特徴がある繊維会社です。欧米で売掛金の早期資金化という資金調達手法が生まれたときにも繊維業界は大きく関わっていました。繊維→加工製造→商品→売上という過程から支払いサイトが長い傾向にありました。その支払いサイトの長さにより、資金繰りが少しでもずれると資金ショートを起こす可能性があります。

2か月先に入金予定の売掛金の一部も売掛金買取サービスにより最短即日で資金化できます。

 

曽於市の生産・卸会社など

生産・製造・卸

種苗生産や青果卸などの業種、部品の加工生産など多岐にわたる業種の会社でも売掛金が発生します。中には「商品が売れないと支払われない」というところもあるようです。こういった支払いサイトのズレにより、曽於市の中小・零細企業は黒字倒産のリスクも抱えることになってしまいます。

至急の資金繰りが必要な時、売掛金買取サービスでの資金調達は大変有効的です。

 

曽於市の運送会社など

運送

配送サービスの充実により運送業の需要はとても高まっています。「仕事はあるけど人手が足りない」「車両の維持費、故障への対応が大変」という声も多く聞こえてきます。人材を確保するためにも求人広告費は必要ですし、車両を維持・整備し、突然の故障や事故への対応にも追われる可能性があるのが運送業の特徴です。ノンバンクでその費用を調達しようとするにも厳しいものがあります。

 

曽於市の医療・介護・調剤薬局業の会社など

医療・介護・薬局

歯科医院やクリニック、調剤薬局、介護施設などを運営している曽於市の企業さまも診療報酬や介護給付費を活用して早期資金化が可能になります。接骨院・整骨院などで発生する療養費など、国保や社保に請求する債権があれば、それを売掛債権と見なして買取できます。

しかしながら中には、取引先企業との契約により売掛金を債権譲渡できない「禁止特約」がついている場合もあります。

 

 

売掛金を活用した資金調達方法は他にも

 

売掛金を活用した資金調達は中小企業庁なども推進しています。売掛金買取で即資金化する方法の他に、曽於市の企業さまの売掛金を担保に金融機関から融資を受ける売掛債権担保融資(ABL)があります。曽於市の中小、さらには零細企業となれば担保にできるような不動産を保有していないことも多いです。

そのような企業さまでも売掛金や抱える在庫などを担保に融資を受けることが可能です。売掛金買取での資金調達との違いは、融資になるので金融機関の審査を受けること、ある程度の時間がかかることにはなります。

 

 

売掛金を活用することでビジネス資金を早急に調達できる

 

「資金繰りに悩んでいる」という曽於市の中小企業さまも少なくはないはずです。そんな中、銀行融資に頼ることができない状況下の企業さまはノンバンクでの資金調達方法を探さなければなりません。経営者さまが個人的にお金を借りてなんとかしようとする方もいらっしゃるかもしれません。

銀行に頼ることができないとき、曽於市の企業さまが保有する売掛金や在庫は資金調達の味方となり得ます。それが【売掛債権流動化】による売掛金を活用した資金調達術、ファクタリングや売掛債権担保融資(ABL)です。

 

もし鹿児島県の企業さまが至急の資金繰りを迫られているような場合であれば、ジャパンファクターの「ファクタリング」を検討してませんか?

ファクタリングは曽於市の企業さま売掛金を保有していればジャパンファクターが買取り、即日の資金調達も可能になるかもしれない金融サービスです。たとえ曽於市の中小企業さまが銀行融資を受けられない状況下(赤字決算・税金未納・リスケ中など)であっても、ファクタリングは売掛金の質(取引先企業さまの信用力)が良ければ、良い条件で買取することができます。

九州・福岡を拠点に営業しているジャパンファクターでは、九州の中小・零細企業さま、個人事業主さまとの多数の成約数を誇ります。

山口の警備会社さま、福岡の工事請負会社さま、佐賀の青果卸会社さま、長崎の介護施設運営会社さま、熊本の解体・撤去作業会社さま、大分の建設設計事務所さま、宮崎の歯科医院さま、鹿児島の運送会社さまなど、九州・山口地域の様々な業種の企業さまの早期資金調達をお手伝いしている実績があります。安心してお任せ下さい。

 

ジャパンファクターへのご相談、お見積りは無料で実施させて頂いております。

ジャパンファクターが提示させて頂いた買取見積もりに納得いかなければ、もちろんお断り頂いてかまいません。それに対して費用を請求するようなことは一切ありませんので、曽於市の企業さま・個人事業主さまもお気軽にお問合せ下さい。

 

お問合せは

 

株式会社ジャパンファクター 

ジャパンファクター無料見積もり申込みはこちらから

〒810-0023 福岡県福岡市中央区警固2-18-13

博多駅から車で15分

西鉄天神駅から車で5分

他の顧客さまとバッティングしないように来社時間をご相談の上、個室応対させて頂いております。

 

 

タイトルとURLをコピーしました