ジャパンファクター無料見積もりお申込みはこちらからどうぞ
簡単入力60秒!ジャパンファクター無料見積もりお申込みはこちらからどうぞ

 

 

ファクタリング利用者さまの声 

 

ジャパンファクターのファクタリング利用者さまから頂いた声をご紹介させて頂きます。

 

希望買取金額 200万 売掛先 法人
財務状況 税金 滞納あり
調達成功額 200万 調達日数

 

ファクタリング利用者さまの声

 

取引先の決算の関係で支払いが遅れることになり、銀行で短期融資をお願いしましたが難しいと返されました。税金の滞納があるのでそれが理由です。

それほど大きな額ではありませんが、経営陣でなんとかできる範囲ではないため銀行融資以外の方法を探す他ありませんでした。翌々日までには200万の資金を必要としてましたので選択肢は多くありません。

ファクタリングであれば翌々日までの資金調達も可能であろうと考え、近くに本社のあるジャパンファクターさんに相談した次第です。
幸い、車で15分ほどということもあり、相談したその日には必要書類を持参して、契約して頂きました。すでに銀行営業時間は過ぎていましたので、翌日の朝一で着金確認しました。


製造業 ファクタリング

実はその後も継続的にファクタリングをお願いしています。まだ税金滞納を解決できておらず、融資を受けられる状態ではないためです。初回は200万という金額でしたが、現在では自社の資金調達の主要手段です。毎月500~600万の早期資金化をして頂いています。

ジャパンファクターさんでは登記を留保してもらうことも選択できるため、近いうちに銀行融資を受けられるように手筈を整えていきたいと思っています。担当者の方も「銀行融資と比較すれば、ファクタリング手数料はとてももったいないですよね。ぜひ融資を受けられるように資金繰りをしていきましょう。」と会社経営者、資金運用者側の目線に立とうとしてくれます。大型融資を受けることが出来れば、今後しばらくはお世話になることもないかと思うと淋しいくらいです。

もうしばらくの間ですがどうぞよろしくお願い致します。

 

ファクタリング利用者さまの声終わり

 

 

ジャパンファクターの2社間ファクタリング

 

ファクタリングは、企業が保有する取引先企業に請求済みの売掛金、売掛債権を

ファクタリング会社に譲渡する「債権譲渡」という取引によって、

売掛先企業からの入金よりも早く売掛金の資金化が可能になるものです。

 

 

こちらの利用者さまの売掛金は介護給付費となり、売掛先は国保ということになります。

 

 

 

売買契約に基づく取引になるので、融資や借入れということではありません。

バランスシート上でも負債として計上する必要もありません。

 

ファクタリングには返済という概念がなく、

利用者企業の負担としては早期資金化に対するファクタリング手数料を支払うことになります。

 

つまり、買取金額からファクタリング手数料を差し引いた金額が

利用者企業さまの調達金額となります。

 

 

 

ジャパンファクターの2社間ファクタリングの流れは以下のようになります。

2社間ファクタリング

2社間ファクタリングでは売掛先である取引先企業さまに債権譲渡の旨を伝える必要は生じません。

 

いまだファクタリングにおける債権譲渡に関して、
取引先企業さまから資金繰りや業績の悪化を懸念し不信感を抱かれかねないという現状があります。

 

それゆえ取引先企業さまへの通知の必要がない2社間ファクタリングの需要が最も高く、

ジャパンファクターでは2社間ファクタリングを専門に取引を行っております。

 

 

2社間ファクタリングでの入金の流れ

 

正式にご契約が締結したところで、直ちにジャパンファクターがご指定の口座に買取金額の入金を実行致します。

 

2社間ファクタリングの入金の流れ2

利用者企業さまは、取引先企業からの売掛金の入金を確認頂いたあとに

ジャパンファクターへお支払いをお願い致します。

 

 

無料相談24時間受付メールフォームからお気軽にお問い合わせ・ご相談下さい

 

ファクタリングを初めて導入されようとしていらっしゃる会社さま、経営者さまにおかれましては

不安な点も多いかと思います。

 

福岡に拠点をもつジャパンファクターへお尋ね下されば丁寧に対応させて頂きますので

ぜひ無料相談にてお問い合わせ下さい。

メールフォームより営業時間外でも受け付けております。

 

簡単入力で無料相談受付中,ファクタリング,福岡

 

営業時間外でも受付中ですが、ご返答につきましては翌日となってしまいますことをご了承下さい。

 

 

ファクタリング/福岡県・製造会社Kさまの声